人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり

慶應卒、山陰在住、一人暮らしニートの戯れ言

一生保守的な生き方をするなら、田舎に生まれるのもアドバンテージなのかもしれないけど

先日、島根の知人と話し込む機会があり、「東京に帰る実家があるのが妬ましい。羨ましい、じゃない。妬ましい」という言葉を頂戴した。

実際に地方に住んでみて、あるいは東京のでかい大学で地方出身勢の話を聞いてみて、それはすごくそうだと感じる。

首都圏、ことさら東京に生まれた、ということは「生まれ持った才能の一つだよ」と彼は言うが、実際にその通りだと思う。

その理由について今さら触れる必要はないだろう。これまでこのブログで書いてきたこと、全てが当てはまる。

 

一方で、、地方民が都会で育つ運命に恵まれず、地方で生まれ育つことのメリットって果たしてあるんか、と考えたときに、

決して何一つない、ということはないと思う。

 

例えば、、、

大学進学が経済的にも可能な中流家庭に育った場合、

地方だと競争が激しくないので、高校受験も上位3分の1に入れていればトップ校に入れるし、

トップ校でも上位4割以内にいれば地元の大学には入ることは難しくないだろう(県外の旧帝大に入るなら別だが)

基本的に田舎だと地元の「駅弁大学」(不快に思われたら申し訳ないが)でもトップエリートな訳で、公務員なんかになっちゃえば安泰だし、

うまく地元の経済界のドロドロした世界にゴマすって取り入れば、地方政治の舞台に立つことだってできるだろう。

 

極端な話、公立中学で300人中100番目くらいのほどほどな成績でも、

地元で一生を過ごすなら、田舎ではトップレベルに安定した地位を保てるのだ。

 

都会じゃそうはいかない。

エリートの中高一貫校出身者が東大や早慶、医学部の過半数を占め、

残りのわずかな一角に中堅どころの一貫校、公立上がりでもトップ層1割に入るかどうかのエリートでパイを争っている。

東京生まれの人間が人生のゴールを「大企業や中央省庁の出世争い」というトップクラスに設定してしまうと、その中では激しい競争に巻き込まれてしまう。

島根では鼻高々な人生を送れるような実力でも、東京だったらMARCHくらいに入れたら御の字、それも厳しいだろう。

 

東京の競争に巻き込まれず、まったり暮らしたい保守的な生き方をするなら、田舎だったら楽だな、という結論にはなるのだが、

前述の彼はそれでは満たされず、東京に出たいと繰り返している。

気持ちはわかる、東京はすごいところだ、応援したい

大阪住み独身呑兵衛男子「まだ東京で疲弊してるの?」

先日、高卒2年目で全国転勤のある仕事をしてる首都圏出身のネッ友が「東京で暮らすのは疲れる、けどど田舎は娯楽がなくて死んじゃう、転職したら大阪で仕事探したい」と言っていた。

彼の住んでるのは青森県の人口7万くらいの小都市で、買い物に行ったちゲーセンに行ったりという彼の欲求を満たすのに、時間・経済的コストがかかる上にそういった施設が少ないという、「田舎で満たされない」悩みを抱えていた。

他方、彼は東京での生活に多少の息苦しさを感じていて、だからこそそれなりに質のいい生活ができる大阪に活路を求めたいようだ。

 

先日三重に用事があったわたしは、帰りに大阪に立ち寄って大阪在住の先輩にこの話をすると、先輩は膝を打っていた。

曰く、「大阪という町は、田舎暮らしをするより娯楽やものが揃い、かつ東京で暮らすよりのびのびと経済的に暮らせる、魅力的な街」なんだそうだ。

 

まず、大阪の魅力その一は、それなりの規模の街ながら、東京のような息苦しさがないこと。

人生のフェーズに「成長」や「競争」を意識する人が集まってくる東京は、優秀な人と交流できる機会は多いけれど、弱肉強食でストレスもかかるところだ。

それを求めず、まったり隠居しながら過ごすには適しているだろう。

 

その上で、大阪は地方都市なれど全国二番目の大都市、大きな経済圏を持つジモティー・外国人を含めた観光客・買い物や進学などで訪れる地方民・単身赴任や出張で来るビジネスマンなどで賑やかな街だ。

娯楽や日々の生活に何を求めるかにもよるが、東京で暮らすことよりさほど生活の質を落とさずに済むだろう。何より地方民からしたら天国に思える。

 

そして、何よりも「独身男性にとって」大阪は楽園みたいなところである。安酒とつまみで1500円くらいでべろべろになれるかと思えば、満足度の高い高級焼肉を一人3000円で食べれたりする。先輩曰く「大阪は治外法権がある」ので生肉刺しが平気でおいてあったりする(「治外法権」なのでタバコのマナーとか最悪だけど)。かの有名な飛田新地や、料亭街の北新地など、高級なナイトライフも充実している。また、自炊生活をするのにも東京より物価はずっと安く、商店街の八百屋だと地方都市より安価に手に入るものも多い。居心地がよすぎて駄目になりそうな街なのだ。

 

ということで、その先輩のお気に入りの単語は、「地方創生イキリオタク」ことイケダハヤト先生の「まだ東京で疲弊してるの?」である。イケダ先生のように高知の山奥に住むのは魅力的に映らんでも、独身貴族が大阪に住んでダメ人間になるのはありなんじゃないかな、と思うな。

数年前までスルガ銀行は銀行界の優等生って風潮あったよな

久々に書く記事は時事ネタから。

 

昨日クローズアップ現代で、巷で話題のスルガ銀行の不正融資問題が取り上げられていた。

正直このニュースを見るのはわりとうんざりなのである。理由はいくつかあるんだけど。

 

まず一つは単純に感情論。筆者の親の実家はスルガ銀行が拠点を構える静岡県沼津市。東京からさほど離れておらず、最近はアニメ「ラブライブサンシャイン」の聖地にもなっていて、漁業やそれを生かした観光も盛んな地方都市であり、少なくとも年に数回観光気分で帰省する分には居心地のいい町だ。そんな沼津を代表する企業であると同時に、引責辞任した前の経営者が慶應OBでSFCの創設や発展に大きく貢献してくれた方という事で、これは贔屓せざるを得ない。後述するように先進的なサービスもユーザーではないが魅力的に映ったし。そんな、「企業イメージがよかった」会社がこの体たらくときてるもんで、悲しい気分になる。

 

もうひとつ。スルガ銀行はこの問題の発覚前は先進的なサービスや融資で「地方銀行の優等生」と言われてた記憶がある。それこそ、日経ビジネスだか東洋経済だかに、大々的に特集が組まれてたはず。コンビニでの手数料負担やらネットバンキングやらの実用的なところから、確か宝くじのチケットがついた定期預金みたいなサービスもあった気がした。それが今回明らかになった不正の問題と、営業マンへの恫喝の数々。そしてそれに対するマスコミのえげつなさ。普段あんまりマスコミ批判しない筆者だが、今回の手のひらの返し方にはうんざりだ。こうなったら世論が許さないだろう。

 

でもさ、思うんだけどさ、いろんなところで地方銀行の経営が厳しくなってるなかで、こんなこと氷山の一角だと思うのは筆者だけなんだろうか。「優等生」だったはずのスルガ銀行でこれなら、この先同じような事例絶対出てくると思うんだよなぁ。いや金融業界詳しくないけどさ。

 

「SFC生はレールから外れてる」は、半分ほんとで半分嘘

先日、TwitterSFC出身の学生が「レールから外れた」人生についていろいろと議論していた。

そもそも「レールに敷かれた人生」って何か、という定義から始まりそうな話だが、

結論から言うと「確かにエリートの本流のコースからは外れてるかもしれないけど、十分道からは外れてないんじゃないかな」とは思うのだ。

 

まず、議論の論点からおさらいすると、

先日、SFC在学中の幼稚舎上がりの大学生が大麻かなんかで捕まったところから議論が始まった気がする。

で、どっかで、卒業後フリーランスという名のニートしてる人(違うかもしれない)の発言かなんかが発端で、「SFCはレールに敷かれていない人が多い」って話になり、

それとは別に、スクールカーストの上位だった奴が大手企業から独立したことを表明するツイートをしたのも油を注いだ。

 

ここから導き出したぼくの仮説は、

今のSFC生は、「大手企業なり、イケイケのベンチャーなりか知らんけど、そこで守ってくれる存在を捨てて自分で食べていくしかない状況に追い込まれる」ことを「レールから外れる」と定義する

ということなんじゃないかなって思った。

もっと雑な言い方をすると、「転職したり独立したりしたら、それはアウトローだ」と宣言してるみたいなもんだ。

 

こんな風潮があるのは、とても幻滅することだと思う。

 

真逆のベクトルから、なぜこれがショッキングかということを述べていく。

 

まず、SFC生スピリッツ、みたいな意識高い話をすると、

正直、SFC生と言えば起業家精神、みたいな風潮は以前からあったことだと思うが、

今ある環境を捨てて独立することを「道を外す」みたいな卑屈な言い方をする

これは昔のOBが見たらすごく残念だと思う。

何より、それは「道を外した」ことじゃない、苦学生で在学中に闇金に手を出して裏社会に入った、みたいな人たちに大変失礼である。

 

一方で、「そんなアウトローさ」にある種の中二病で希少価値を見出だそうとカッコつけてる奴らにも寒気がする。

SFCに来る奴らは、エリートの本流の家庭に生まれた人も多いと思うので、

基本的に道筋に従って変なことをしなければ成功は約束されているだろう。

にも関わらず、あいつらは「カッコつけたい」がために、「転職する自分」「起業する自分」を演出する。

 

ぼくはゲームのアカウントで他大だったり高卒の人と接点あるけど、

今どき、ホワイトカラーの四大卒の学生で転職を経験しない奴らなんてほとんどいないだろうし、

おそらく慶應生が最も見下すであろう、地方の頭の悪い土木のDQNだって、自分の事務所を持ってたら立派な経営者だし、

そもそも「転職経験」って全然珍しくないから売りにならないと思うんだよね。起業経験はまだしも。

 

だから、あの議論を見ていて、彼らは何に価値を見出だしたいのかさっぱりわからなかった。

 

 

ただ、、ぼくがこれはあるな、って思ったのは、

転職だったり退職休職って「自分で自分の人生を変える大きな決断をする」ことじゃない。

それができるというのは、自分にとっては大きな価値のあることだな、ってのは思った。

ただ、それはあくまで「自分の財産」にはなるけど、「他人に自慢する」ことではないのかな、という。

そこを履き違えた議論はしたくないよね、って、思うね。

県外からのお客さんは地元の美味い店に接待するけど、一人でまったりするならチェーン店に行きたい

先日、海外赴任に出てた親が一時帰国してて、部屋の片付けとかしつつ接待してた。

やっぱりあんまり山陰に(というか日本に)来ることもないし、

昼は地元の洋食としゃぶしゃぶの高級店に、夜は和牛の焼肉屋にいってご馳走してもらった。

 

そん時になんかも話したんだけど、

私の住んでるのは比較的昔ながらの中心市街地で、いわゆる観光客向けの喫茶店や洋食屋や蕎麦屋なんかは多いエリアだが、

夜間人口が少なく、いわゆる全国チェーンのファミレスやカフェなんかはほとんど立地していない。

 

そりゃ、まちづくりについてなんやかんや学生時代に専攻してたわけで、

遠くからのお客様を地元の昔ながらのお店に連れてってお金を落としてもらうのは使命みたいなところはあるけど、

そうじゃなくて、自分一人で、夕方の出勤時間まで時間を潰すとか、週末に地元の友人とお茶するとか、

そういうオケージョンのときって、なんとなく地元の喫茶店だと落ち着けないところはあるんだよね。。。無機質なチェーン店の方が居心地がいいのだ。。

この感覚、親にシェアしたところ同意を得られなかったのだが、若い皆さんはどうだろう。「接待には地元の店で満足してもらい、プライベートではチェーン店で落ち着きたい」って感覚。理解していただけるだろうか。。。

アスリートの夜遊びってどこまでがセーフでどこまでがアウトなんだろうね

私がプロバスケットボールBリーグ」のファンだということは既に何回か述べてきたけど、

バスケットボールファンとしては悲しいニュースが世の中を賑わせている。

日本代表として、日の丸を背負ってアジア大会を戦っていた選手たちが、代表のウェアを着たまま歓楽街で遊んで不適切な行為をして、大会を追放になった問題。

当該選手は選手としても若手の有望株が多く、所属チームのファンをはじめ、バスケットボールファンは競技自体のイメージダウンにも繋がる出来事に大変ショックを受けている。

 

ところで、今回の問題はいくつか論点があり、また前提になる話がある。

 

まず、バスケットボール男子日本代表に関する話題で一つ。

バスケットボールの日本代表は、国内リーグが統一されておらずぐじゃぐじゃになってた状態から一から建て直しを図っている。

競技レベルはまだまだ世界のトップレベルには到達しておらず、自国開催の東京オリンピックも出場が危ぶまれている。

そんな中、先日のアジア予選で、世界でもトップレベルの強豪オーストラリアの代表に、新たに日本に帰化して代表に選出された選手や、アメリカの大学リーグNCAAに所属しNBAのドラフト候補にもなった選手を擁してジャイアントキリングをしたときは界隈は大きく盛り上がった。全然報道されなかったけど。

 

他にも、NBAに育成契約で契約を結んだ選手がいるなど、上げ潮ムードな中の水を差すニュースだったので、界隈には大きく失望が広がってるのだ。

 

で、今回の問題の論点だが、

アジア大会という、日の丸を背負い、選手の規律が求められる大きな大会で

・日本代表のジャージを着て歓楽街に出て

・キャッチの口車にも乗せられ、ホテルで不適切な行為(意味深)をした

 

というわけだ。

 

ここからは私の私見だけれども、

若くて血気盛んな男性アスリートが、オフのプライベートの場で、夜の歓楽街で女抱いて遊びまくるのは、別に悪いことでもなんでもないと思う。

子供の教育によくないとかなんか生理的に無理とかそういう声はあるかもしれないけど、私は独身男子の夜遊び肯定派の男なのでその辺は許容範囲内だ。

 

ただ、今回の一件が、日本代表として日本国民の期待を背負って戦っていた舞台であったことと、

それにも関わらず、代表のジャージで歓楽街に出かけ、自分を自制できなかったことは叩かれるべきだと思う。

 

ただ、世間の目って夜遊び、特に海外でのやらかしにすっげー厳しいから、その辺の批判にバスケットボール界隈が耐えられるか、そして何より、選手が過ちを償い、プレーで取り返してくれるか、となると、暗雲が立ち込めてしまうよね。

 

ただ、どうしてももちろん、今バスケットボールがマイナースポーツで暗い話題しか目立たないって状況、今回のやらかしが国際大会だったことを差し引いても、

「歓楽街での夜遊び」ってことだけで必要以上に叩かれるのは、バスケファンとしても、遊びたい年頃の男の子としても、モヤモヤするところはあるよな。。。

いつだって現場で対応する人は大変だって話

先日、甲子園に高校野球を観戦する目的で青春18きっぷを使って関西に行ってきた。

結局目の前でチケットが売り切れて当初の目的は果たせなかったのだが、仲のいい先輩に鳥貴族をご馳走になったり近鉄電車の乗り潰しをしたりして遊んでた。まあそれは本題じゃないので割愛する。

 

帰りの汽車で岡山を過ぎて備中高梁に着いたところで、不穏なアナウンスがあった。

なんでも、その先の区間で倒木があったとのことで、当日中の運転再開の見込みが立たなくなったとのこと。

乗ってた普通列車はもちろん、後続の特急も運転打ちきりで代行バス輸送ということになっていた。

当然現場は大混乱。なんとかいらっしゃる駅員さんが対応し、代行のバスを出すもきっぷの検札もあってないようなものでそのまま動いている新見駅まで連れていかれた。

お盆シーズンとあって、最新の情報を確認しながらクレーム処理に追われる駅員さんも大変だなぁと思うし、

何より、特に急にJRが呼び出して手配した観光バスの零細企業が大変だなぁと思った。

零細の観光バスの運転士さん、「とりあえず高梁の駅まで来て新見まで送って」という雑な指示のもと駅に来て(JRも対応に追われてたししゃーないが)働かされてすごく気の毒だった。

 

ちなみに、その零細会社、例の豪雨で被災した真備町の会社だったらしく 

運転士さんと少しだけ雑談をしたけど、現地の痛ましい状況を話されてて、まだまだ復旧には時間がかかるのかなぁと心が痛くなった。

 

 

ちなみに、これとは別件で、高梁で足止めされてるのとほぼ同刻に、嗜んでる某位置情報ゲームが緊急メンテに入っていて、TwitterのTLが大荒れになっていた。

その少し前から鯖落ちや処理落ちが頻繁に発生していてユーザーのヘイトが溜まっていた状況下だっただけに、TLでは怒りが大爆発。お盆などの移動が多くなる時期のメンテという位置ゲーとしては致命的な状況で、公式Twitterには罵倒が殺到。普段運営を擁護してたユーザーからも批判の声も多く聞かれた。

 

メンテが明けたアフターケアまでTLを眺めてたけどお盆のなか対応に追われてたエンジニアを庇い、事態が深刻になるまで静観していた運営の上層部に非難が集まっていたのだが、

こういうときに一番苦しい思いをするのはフロントのエンジニアであり、末端の駅員や、その下層の下請けなんだな、って社会の構図をなんとなく感じてしまい、心が痛かった。

 

ちなみに、その後の帰り道はというと、終電をつかまえた上に帰れなかった区間も代行タクシーを手配してくれるというJRの神対応で無事帰宅できたことを報告しておく